ダイエットでリバウンドしない

   

ダイエットをして痩せたと思っても数ヵ月後には元の体系に戻ってしまう人が多くそういった人の多くが無理なダイエットによるストレスで食べ過ぎてしまったことが原因になっています。

夏の期間だけ痩せればいい

と、考えているのでしたらいいですが太っていることに悩みを持っている人にとってリバウンドは怖いです。数週間の努力が水の泡ですからね

ダイエットでリバウンドをしてしまった人の原因

出来ることならリバウンドはしたくないですが意外と多くの人がリバウンドで苦しんでいて食べたい物を食べないで頑張ってきてもリバウンドで元の体系に戻るのは簡単に早くに元の体系になってしまう人が多いようです。

リバウンドしてしまった人の多くが短期間で痩せたいと思って食事を抜いて今までしていない運動を急に初めてしまったひとがリバウンドで苦しんでいます。

食事を抜いて急な運動は今までの生活と正反対の生活をしていることになりますから体にどうしてもストレスを溜めていき目標体重になった時に達成感から安心して少しだけなら大丈夫と自分に言い聞かせてまた食べ過ぎてしまうことが原因です。

短期ダイエットをした後のリバウンド対策

海に行く、友達と温泉に行くと言った時に短期で少しでも痩せたいと思ってキツイ短期ダイエットをする人の多くリバウンドをして結果的にはダイエットに失敗しているのですが短期(1週間)ダイエットを失敗しない方法としてチャレンジしてもらいたいのが短期ダイエットで食事を極端に減らしていたのを通常に戻さず少しのプラスに戻してあげる事です。

例えば通常のダイエットでは成人の女性で事務系の事後との場合は1300キロカロリー、肉体を使う仕事の場合は1600キロカロリー、ここから短期ダイエットの場合は500キロカロリー程抑えて800~1,100キロカロリー以下にしている人が多いですが、これを300キロカロリー程の削減にして1,000~1,300キロカロリーにしてダイエットを継続してください

ダイエットは食生活の見直し

ダイエットを難しく考えて痩せなきゃと自分に言い聞かせて頑張っている人も多いですが痩せるためと考えるよりも健康のために食生活をかえようと考えてダイエットをしたほうが体にストレスをためることが少ないです。嫌なことをやらなきゃと考えているよりも日々の生活に少しの変化をさせてダイエットをしていく方が効果的です。

 

運動を継続することができない

ダイエットには運動をすることは絶対と言って良い程ひつようなことで蓄えた脂肪を燃焼させたり食べ過ぎてしまったカロリーを消費させたり、体の基礎代謝をかえるうえで絶対と言って良い程ひつようなことです。

仕事で肉体を使うから運動は必要がないと言う人もいますが多少の重たい物を持つぐらいでしたら家事をやっているのと変わりはありませんので人によっては意味がない場合もあります。

つまり仕事で体を使っているので運動をする必要がないと思っている人に聞きたいのが寝ている間に寝汗はかきますか?

ある年配の女性で基礎代謝が高くほぼ毎日のように寝汗をかく人がいます。

体は寝ている時でも代謝が高い人と代謝の低い人がいて代謝が高い人は寝ている時に汗をかいています。

このぐらいの基礎代謝が高い人は年を重ねた人では少ないもですが、ここまで基礎代謝が高いと太る事は殆どないそうです。

 

ダイエットをしてリバンドしないようにする方法

先程も書きましたが無理なダイエットが与える影響は意外と大きくしらない間にストレスの塊になっています。このストレスの塊が目標体重達成と共に解放されて今までガマンしていたのが抑えきれなくなります。

急に抑えきれなくなって大量に食べてしまうと言うよりもチョットぐらいのご褒美が1回だけと思ったのが2回、3回と増えていって大量のカロリーを摂ってしまい最終的には元の体重以上になってしまいます。

これを防ぐためには無理をしないで対策をすること、例えば夏が終わってから来年の夏に向けて痩せることを目標にするようにすると体に負担を掛けずにダイエットをすることができます。1週間とか1ヶ月の短い期間では無くて半年以上は期間をあけたほうがダイエットするにも気持ち的にも楽です。

 - ダイエット