痩せたいけど食べちゃう人に知って欲しい、食べても太らない方法

      2016/09/05

痩せたいと決意してもツイツイ食べてしまう人も多く痩せたいと思っても食べてしまうので多くの人が良い方法を知りたがります。

チョイ食いは習慣になっているので止めることは難しいのでチョイ食いの習慣を利用して痩せる方法を紹介します。

何故食べてしまうのか

人間はお腹が空いて美味しそうな食べ物を見ると手が伸びて気づいた時にはお腹の中に入ってから食べてしまったことに気付く人が多いのです。

これは人間の3大欲で食欲がありますが、この欲があるかぎり食べることは避けることができません、ただ痩せたいと思っている人にはツイツイ食べてしまう癖をどうにかしたいと思うのは切なる願いです。

食べることをガマンしない

ダイエットで食べることをガマンする人が多いですが本来は我慢せずに食事はキチンと摂る事をおすすめします。摂り過ぎは良くないのですが全く取らないのは体に良くありませんし逆にリバンドする可能性が非常に高いのでガマンをせずに食事をとるようにしましょう。

ダイエットの食事療法は沢山ありますので色々な方法で試して見るのも良いでしょう、また食事制限をしたからと言ってダイエットが必ず成功するわけではありません、確かに食事制限をすれば余分なカロリーが入らないので脂肪細胞が肥大化することは無いですが脂肪細胞が燃焼している訳ではないのでダイエットをすることは難しいです。

食べる時に注意して食べる

食事はダイエットをする時には多くの人が必ず注意しますが食べ方や食べるものによってダイエットに成功するための速度が違ってきます。

  • 食事で気をつける方法として決まった時間に食事をとるようにする
  • 食事のとる順番をサラダから摂るようにする
  • 1日の食事の内の1回を取らない

食事のとり方は沢山あり、これからも色々な方法が出てきますがプロボクサーがキツイ減量の時にどんな食事をして短時間で原料に成功しているかを調べると1回の食事は物凄く少なくこの少ない量を1日数回に分けてとります。

ついつい食べちゃう人におすすめの方法

食べちゃう癖を利用して先程書いたボクサーと同じような食事の仕方をします。

普通の食事ではなくて1日に口に入れる回数をふやすことでお腹に満足感をあたえて1日の食事量を抑えます。

3食の食事をとっていると思いますがこの3食の食事もとって良いのですがチョイ食い程度にしておくことで摂取量を少なくすることで1日のカロリー量を抑えることができて痩せたいけど食べちゃう人にはおすすめです。

1日のカロリー量を決める

1日に必要摂取カロリーは人によって違っていて仕事をしている人としていない人、座っていることが多い人と立ち仕事で体を動かすことが多い人によって1日の摂取量が違ってきます。

1日立って重たい物を持って仕事をする人と座っていることが多い人が同じ量の食事をしたら座っている人の方はカロリーが摂取オーバーになりますので注意してください

1日の摂取量は1300キロ~1600キロまでが女性の平均摂取量になっていますが上で書いたように人によって必要なカロリーは違っています。

チョイ食いのカロリー管理を簡単にする方法

チョイ食いで1日のカロリーを考えるのはたいへんですが身近なところにカロリー計算を簡単にする方法があるのをしっていますか?

最近のコンビニは殆どの食材にカロリー量が書かれていますのでチョイ食いのカロリー計算がしやすいので1日の目標カロリーが計算しやすいです。

ダイエットの時の最低カロリー

チョイ食いを利用してカロリー管理をする方法を書きましたがでは痩せる為にはどのぐらいのカロリー摂取量を抑えるのが良いかと言うと400キロカロリー程抑えて1日量を1000キロ~1200キロカロリーにすることで痩せることが可能です。

この食事の管理をすると1ヶ月程ぐらいでそれなりの体重の結果が出るとおもいます。

もちろん人の代謝機能によって全員が同じ結果が出るわけではありませんので注意してください

 - 食事